茶重はお店の中全体がまるでギャラリー。
陶芸品・家具・タペストリー・・・各地の逸品、作品がそこかしこに展示されています。
また、常設とは別に年に数度企画展を開催し、様々な文化・工芸品を御紹介しております。
2階のギャラリー「遊空間」は、貸しギャラリーとしてもお使いいただけますので、ご興味のある方は一度お問い合わせください。

ここでは、最新の展示会予定と、定期開催の展示会をご紹介します。

久留米絣(かすり) 新作展

当ギャラリーで半年に一度開催される福岡県の絣「久留米絣」の展示会。冬暖かく、夏涼しい、それでいてオシャレな久留米絣の魅力に、全国にもファンが多数。遊空間の展示会では、京都の洋服ブランド「圓」の展示会を開催いたします。

体にフィットしているのに、ゆとりがあり、着心地もよく丁寧な仕立てです。手織りの洋服作品もあり、やさしい肌触りやぬくもりも感じていただけます。
また、バッグやストールなどの小物や、新潟小千谷縮の洋服も展示いたしております。
次回展示会の予定は、令和3年5月28日~6月2日を予定しております。

鮮やかな甦り ~漆芸家・脊口卓 時代漆塗家具 展~

1995年から、毎年12月に開催している漆芸家・脊口卓(故)の「時代漆塗家具」の展示会。
古い和箪笥を、丁寧に解体・洗濯・修復(または復元)を行い、そして現代の生活のインテリアとなる漆塗りの和箪笥へと”甦る”匠の技。
現在は、長男・脊口歩が匠の技を受け継いでいます。
展示会では、船箪笥、ロングチェスト、小抽斗などの箪笥の他、漆器の小物なども。
展示会以外でも、常時1階店内にて時代漆塗家具を展示しております。

また、お客様のご自宅で代々大切に受け継がれてきた和箪笥を甦らせる個別注文のご相談も承ります。

土屋豊 鍛金作品展 ~心あたたまる 金属のぬくもり~

1997年から、毎年4月頃に開催している鍛金作家の土屋豊の鍛金作品展。
金属とは思えない温かみのある土屋豊の鍛金作品。
展示会では、代表作品の花器や長押のほか、アクセサリーや傘立て、ライト、キャンドルホルダーなど、様々な作品を展示。
また、店内でも常時約30点の鍛金作品を展示・販売しております。