1世紀半の歳月が刻む、茶重の歴史



文久3年(1863年)、塚本重助が飯南郡松坂大字松坂新町に「茶重商店」を創業。
大正2年、2代目伊之助が婿養子に入り、「のれん」を引き継ぎます。
2代目伊之助が大正、昭和と南伊勢市場仲買人代表として、主に山陰、山城、宇治、仙臺(仙台)へと伊勢茶の普及に尽力し、「茶問屋 茶重商店」の基盤を築きました。
目利き茶人としても信頼の厚かった伊之助の栽培と製造へのこだわり。約150年の歳月をかけて代々引き継ぎながら磨きをかけ、今も息づいています。

(有)茶重商店
代表取締役 6代目店主
 塚本泰弘

茶重のくつろぎスペース

店内のくつろぎスペース

お茶と陶器のお店なのに、店内のいたるところにあるソファやベンチ。
「日々忙しく過ごされる方が、ふっと心落ち着く空間に」という思いから、一服できる場所があります。
観光などで、疲れた足、乾いた喉を潤す際にも、遠慮なくご利用、おくつろぎください。
お客様や季節に合わせたお茶で、おもてなしいたします。

茶重のシンボル仁王像・羅漢像

松阪万古の仁王像・羅漢像 松阪万古の仁王像・羅漢像

 茶重のシンボルでもある、店頭の陶像。
昭和17年、松阪万古焼の佐久間芳丘氏が制作した仁王像と羅漢像です。
店内からは、後ろ姿などもご覧いただけます。

現在の駐車場に店舗があった昭和の時代は、2階から新町商店街を見守っていました。(右写真)
躍動感があり、今にも動き出しそうな2体は、昔と変わらず、茶重のシンボルとして店頭でお客様を出迎えています。
なお、現在2体を囲うのは、江戸時代に江戸で流行した松阪の伝統織物・松阪木綿を使用しています。

茶重の看板

鍛金の看板

夜、格子の外観と共にライトに照らされて映し出される茶重の看板。
当店の展示会でもお世話になっている鍛金作家・土屋豊氏が制作した鍛金の看板です。
看板制作中、店主が長野県の工房を訪れ、看板づくりに少し携わることができました。
鍛金の看板2

Page Top